市議会議場に国旗掲揚 議論なし多数決で


⬆4月に行われた財政研究会主催の議会報告会の時の様子です。この時、平塚市議会の新議場で国旗掲揚することになったことについてお話ししました。
●旗の購入費準備名目で 国旗掲揚議論がスタート
今年 3月末、議会運営委員会でほとんど議論をしないまま、新議場に国旗と市籏を掲揚することが決まりました。議会運営委員会というのは、議会の運営に関する事務的なことを決める場所です。 ここで、昨年8月、旗の購入費を準備する必要があるからといったごく事務的な理由で、議会局に所属する市職員から発議されました。 本来、国旗を議場に掲揚するかどうかは非常に重要な政治課題です。そうであるにもかかわらず、備品の取扱いを決めるかのごとく話しがはじまり、何ら市民に知らされることもなく、議員の総意も得ないまま多数決で決定されてしまったことは非常に問題が大きいと考えています。
●本質的な議論なく 議場での国旗掲揚が決まる
これまで平塚市議会では国旗掲揚はしていませんでした。多様な意見を持つ議員が意見を交わす議場には国旗掲揚をあえてしないという判断を先輩議員のみなさんがしてきたためです。そうした前提を踏まえ、私は、議場に国旗掲揚するのであれば、相当の議論を重ね議員総意のもとで決めるべきだと考え、一貫して反対をしてきました。ところが多くの議員は議論を深めることを避け、非常に残念な結果に終わりました。
 

Follow me!