撤去自転車でレンタサイクル 自転車で餃子の食べあるき

11/11  
9:45      宇都宮市の職員の方のお迎え、
10:00~12:00 宇都宮市職員の方から自転車利用・活用計画について話を聞く
12:00~12:40 宇都宮駅近くのレンタサイクル貸出し場所を見学
12:40~13:30 ロマンチック村へ移動して昼食を食べる
13:40~14:30 大谷資料館見学
14:30~14:45 移動
14:50~15:10 国指定重要文化財「旧篠原住宅」でボランティアの解説員の方から説明を受ける
15:35~17:30 宇都宮から平塚へ帰る
17:40~18:30 チラシを届けに行く
●撤去自転車でレンタサイクル 自転車で餃子の食べあるき●
宇都宮も平塚と同じ平らなまちで、山坂が少ない。自転車を使う人が多い。違法駐輪も多い。平塚と同じような点で悩んでいるんですね。宇都宮市は、自転車の利用・活用計画というのをたてて取りくんでいます。面白いのは、撤去自転車を使ったレンタサイクル。4つの貸出し場所があって、無料で借りることができる。借りたところに返す必要はなくて、4箇所ある貸出し場所のどこに返却してもいい。
今日は、午前中に職員の方からこの「自転車活用利用・活用計画」の説明を受けて、貸出し場所(写真)を見てきました。この自転車、市外の人が観光に来るときによく使うんだそうです。ほら、最近は宇都宮は餃子が有名でしょう?食べあるきに自転車を使う観光客が多いんだって。また、宇都宮の中心地には、私鉄とJRの駅が離れているんですね、その間の移動に市民の方に使われているそうです。
1111
●「カクテル、ギョ-ザ、ジャズそして大谷石」●
市の職員の方に名刺をもらったら、名刺の上のほうに、こう書いてあった。「カクテル、ギョ-ザ、ジャズそして大谷石」って。面白いんですよ。なんで餃子が宇都宮で有名になったのか、知ってます?餃子が宇都宮で有名になってきたのは、ここ20年くらいのものらしいのですが、その発端になったのが、市の職員研修の発表だったそうです。
なんでも宇都宮市民の家計簿を調べて、消費傾向を調べてみたら、餃子への支出が多かったんですって。それで、餃子に焦点をあててみたら、ご飯もビールもなくて餃子しか売らない店は全国でも宇都宮市しかないし、餃子店が非常に多いことがわかった。で、餃子で宇都宮市を売り出したらどうかという発表を市の職員がした。この発表を聞いていたマスコミが「これは面白い」ということで取り上げて、またそれがテレビで報道したりして、どんどん有名になったんだそうですよ。
で、カクテルのまち、というのは、宇都宮にはカクテルバーが多くて、カクテルの世界大会で優秀な成績をおさめた人が何人も輩出されているから、らしい。で、ジャズについてですけど、ジャズ喫茶が多いんですって。宇都宮の職員の方が、「うちのまちには何でもあるけど、逆にこれといって特徴もあまりない。で、ソフトで勝負しようといろいろな試みをしているんですよ」と話してました。この発想、平塚も参考になるところあるな。

Follow me!