平塚は新型コロナウイルス感染症数が少ないのか

平塚市議会議員 江口ともこの週末まちかど市議会報告会の1分報告です。YouTubeにアップしました。

平塚保健福祉事務所管内(平塚市・秦野市・伊勢原市・大磯町・二宮町)の人口1万人あたりの新型コロナウイルス感染症の陽性者数は2.09人と、神奈川県内の平均3.71人と比べると比較的少ない方です(陽性者数8月16日現在)。

少ないのかなら良かった。と思いたいところです。しかし、そもそも何人の平塚市民の方がPCR検査を受けたのかその全体数が分かりませんので、単に検査数が少ないのが原因かもしれません。

というのも、平塚市、秦野市、伊勢原市、大磯町、二宮町を管轄する平塚保健福祉事務所管内(保健福祉事務所というのはいわゆる「保健所」のこと。平塚保健福祉事務所は平塚市内の追分にあります。神奈川県が運営しています。)では、検査を受けるためのハードルが高くなっているために検査数が少ないのではないか?と考えています。検査をうけるには、医師が必要性を判断し、さらに医師のその判断を受けて保健所が判断するという二段構えを超えていく必要があります。

あまりに暑くて帽子かぶって。それでも大変で30分程度で切り上げました

そこはさらに調べていかないといけませんが、たとえば、自治体が独自に保健所を持っている横須賀市では、無症状であっても希望したらPCR検査を受けられると聞いています。こうした違いが、感染症数の数の違いに現れているのではないか。こんな話しをしました。

まちかど市議会報告会をいつも手伝ってくださる方が備長炭でできた馬をプレゼントしてくださいました!

Follow me!