鳥賀陽弘道氏近著「フクシマ2046」のすすめ



●鳥賀陽弘道さんの読者交流会に行きました
4/28、選挙ポスターを撮影してくださった鳥賀陽弘道さんの近著「フクシマ2046」の発売記念 読者交流会@六本木にいきました。 私の選挙のネット担当してくださった澤田健一さんもいらしていて、3人で一緒に写真を撮ってもらいました。写真一枚目、左側が澤田さん、右側が鳥賀陽さん。 

スリーマイル島で起きたことはフクシマの未来でもある

商業用原発で近隣一般住民が被曝したのは、世界で三つだけです。スリーマイル島とチェルノブイリとフクシマだけ。チェルノブイリは200から300万人が被曝した。フクシマは32万人。スリーマイルは2.3万人。比としては、チェルノブイリ、フクシマ、スリーマイルは、100対10対1くらい。流れ出した放射能量もだいたいこのくらいの比だと言われているそうですが、フクシマの場合は、今も水を通じて流れ出ているので、そのセシウムを入れたら、フクシマはチェルノブイリに並ぶという説もあります。スリーマイル島で起きたことはフクシマの未来でもあると鳥賀陽さん。フクシマ以降も、ほかの大手マスコミ記者はまったく取材していないそうですが、鳥賀陽さんは、スリーマイル島事故からの30年を、現地に渡って丹念に調査し、取材を重ねてこられています。これをまとめたのが「フクシマ2046」です。
●事実を見据える鳥賀陽弘道さんの「フクシマ2046」は必読
スリーマイル島事故では、事故由来と思われる健康被害が確かに出てはいるものの、「疫学上、原発事故と健康被害に有意な関係は見られない」とされているそうです。癌の発生因子は200はあって、そのうちの一つに原発被曝があっても、有意な原因とはされない、というのです。私は、自分の癌の経験からしても、この話しは理解できます。私の乳癌も原因など、医学的に特定など、できていません。そうかもしれないという要素があまりにたくさんあるからです。ストレス?飲酒?働き過ぎ?遺伝?肥満?食生活?などなど、、、。仮に、原因と考えられるものに放射能汚染が一つ加わったとしても、それが明らかな原因だと考えられる場合であっても、国がそれを認めることなど、ないのだろうと思う。実際にスリーマイル島事故でもそうだ。暗澹たる思いになります。が、それがスリーマイル島で起きた事実だ。事実をきちんと見据える。そしてそれぞれに考える。そのためにも鳥賀陽さんの本は、必読です。 

Follow me!