馬と歩く 馬行進はこれからもやりたい








●馬と歩く ただそれだけで楽しい
私は普段あまり歩かないんです。疲れるからです。でも今回の選挙ではたくさん歩きました。一日に1万5千歩くらいは歩きました。なのに、全然疲れを感じませんでした。馬と一緒にいることでつくられるワクワク感が、疲れを感じるよりも上回るので、どんどん歩いちゃう。おかげで体調がいいんですよ。体が軽い。甥っ子君5歳もたくさん歩きました。馬のひずめの音とリズムにあわせて、足を高くあげて、わっしゃわっしゃと、歩くんです。楽しかった~。私がまったく知らない子どもたちも馬行列に加わってくれたました。なかには、明石町の新宿公園~湘南海岸公園の長距離往復コースを一緒に行進してくれた男の子も。もうすっかり友達です。行進終了後には、「疲れたでしょう?」と肩もみまでしてもらったぞ。
●馬がいろんなものを溶かしつなげてくれた
馬と歩く。ただこれだけのことが、これほど楽しいとは!大きな発見でした。馬がいるとまちの景色が変わる。いきいきとしてくる。人と人との関係も緩む。ティッシュ配りのお兄さんが馬を見た時の、あのかわいい笑顔!パチンコ屋さんの警備員のおじさんには、前を通るたびにやさしい声をかけてもらいました。馬と歩く。ただそれだけで、いろんなものを溶かしいく。つなげていく。そんな力がありました。もう楽しくて仕方なかった。選挙が終っても、定期的に馬行進するぞと目ろんでおります!私の健康のためにもね(笑)!。

Follow me!