画期的!政党イデオロギー超えて 藤沢で憲法学習会

⬅画像をクリックするとチラシがダウンロードできます。

 

江口主催の「グリーンスムージーとおはなし会」と日程的にはモロに重なっていますが(苦笑)、とても画期的な学習会のご案内をいただきましたので、お知らせします。

【第2回 ”本気で”憲法を考えよう ~憲法って、いったい誰のためのもの?~】

第1部 木村草太氏(憲法学者)森達也氏(映画監督)ら二人のパネリストによる意見交換

第2部 参加者を交えてのトークセッション

日時:10月26日(日)13時半開場、14時開会

場所:藤沢商工会館ミナパーク(6階多目的ホール)

参加費:1000円

主催:”あつまろ~ず・藤沢”

この学習会、一見すると、いかにもな、お固~い憲法学習会ですから、「あ、ワタシ遠慮するわ」という方もあると思いますが、そこはちょっと待って!すごいんですこの学習会。

私は、先日、藤沢で少しだけお酒を飲む機会があって、その時にご一緒したのが、この学習会の主催である「あつまろーず・藤沢」のメンバーである浮田久子さん。浮田さんに、この学習会のチラシを渡されました。来てね、と。
すかさず、浮田さんが、「この学習会はただの学習会ではないの。画期的よ。主催団体の「あつまらーず・藤沢」は、その名のとおり、いろんな人が【あつまって】いる。公明党者も共産党支持者も、あるいはどちらも嫌いな人も。支持政党の枠を超えて、平和を望む藤沢在住の女性たちが集う会よ」と。
へ~~~!!それはすごい!と私は驚くけど、何にそんなに驚くか多くの人はピンとこないかも。なのでちょっと補足すると、支持政党や支持する政治家が違うと、熱心な支持者であればあるほど、かなりの隔たりがある。政治家どうしが、意見の違いを超えて懐深く議論をしないからこういう事態になるわけなのですが。

浮田さん曰く、「平和で戦争のない国にしたい。同じ思いを持ち同じ街で暮らしているにもかかわらず、支持する政治家や政党が違うと、何とはなしにすれ違わないように暮らす、そんな現状があるでしょう?(ある~ね~!) でも、ひとたび会したら、政党イデオロギーなんかあっという間に飛び越えてね。目指すところは一緒だった。平和な国をつくるために、まずは私たちが手をつなごう。その思いで学習会を開くことになった」と言っていました。

浮田久子さんは、戦後すぐから平和運動に取り込んできた女性で、95歳になった今でも精力的に活動を続けています。平和を願う熱い思いをシェアしたい、そんな方におすすめしたい学習会です。
 

Follow me!