「龍城ケ丘プール」の跡地利用は、道の駅に?!

 1/6(木)
今日は、平塚商工会議所主催の新年賀詞交歓会に参加しました。
毎年大勢の方でにぎわう会で、例年、駅ビルのラスカホールで
開催されています。
今年、私は、年女なので、鏡びらきをさせていただきました。
会の冒頭、商工会議所会頭の福澤氏のあいさつのなかで、
こんなくだりがありました。
「神奈川県知事に対して、平塚市龍城ケ丘プール
プールとしての利用が終わったあとの土地利用について
要望を出している。商工会議所としては、
観光協会の収益のためにも、
龍城ケ丘プール跡地は、『道の駅』にしたいと考えている。
これを県知事に要望している。」という趣旨の話しでした。
また、県知事から、県や平塚市が利用しない場合には、
観光協会さんに使ってもらってもいい、
という色よい返事をもらった、
ともおっしゃっていました。

↑市内龍城ケ丘プール(平塚市のHPから)
みなさんは、龍城ケ丘プールを皆様、ご存じですか。
泳いだことありますか。
私は、子どものころ、一度か二度、泳ぎました!
海辺のプールとして昭和12年に開設した平塚で初めてのプールです。
歴史のあるプールなんですよね。
ひろーい海岸線が眼前に広がる、
(私はこのあたりの海岸線が、
とりわけステキと思いますね)
昭和の文化遺産!でもあるこのプール。
なかなか魅力的なスポットです。
皆様は、この『道の駅』プラン、どう思われますか。
海岸としての価値をさらに高める利用方法って、
どんなものがあるのでしょうね。

Follow me!