平塚市の自殺対策研修会 「自傷行為の理解と援助」

 8/10(月)
07:30~09:00  資料を読む
10:30~14:00  市民の方との話し合い
14:00~16:00  自殺対策研修会@勤労会館
20:00~22:00  江口事務所引っ越し準備など
大会議室満員の会場で
平塚市の勤労会館の3階大会議室は、
300席の椅子が入る大きな部屋ですが、
そこが満員でした。
自治会の民生委員などをつとめている方の
参加が多いように思いました。
平塚市のくらし安全課が主催したこの講演の内容は、
「自傷行為の理解と援助」でした。
講師は、国立精神・神経センター精神保健研究所
の松本俊彦氏です。
とてもわかりやすい内容でした。
●講演の内容から 「自傷行為とは何か」
講師の松本先生は、
まず、自傷行為とは何かについて語ってくれました。
松本先生は、
「【自傷行為は、心にふたをする行動】で、
リストカットする若い人たちは、
グツグツした感情を自傷行為で
ふたをしてしまっている。
耐えがたい心の痛みを、
体の痛みでふたをしてしまう」と
話しして、自傷行為が、どういうものなのか、
言葉を変えて、何度も説明してくれました。
また、こうも言っていました。
「自殺したり、人を殺したりすることを抑えるためにやっている
生きるための自傷行為が、死を引き寄せてしまう」と。

●「10代の若者の1割は自傷している」
松本先生の調査では、10代の若者の1割は、
リストカットしているという。
その数の多さは、たとえば、
リストカットする女の子を主人公にした漫画、
『ライフ』が950万部も売れていて、
この驚異的な数字を見ても、わかる、という。
リストカットしながらも生き抜く主人公に
共感する若者が多い、ということではないか、
と松本先生は話ししてました。
リストカットをする人の数の多さと
そのにっちもさっちもいかない感情の苦しみを
思うと、
リストカットしてはダメだなどと
目の前の苦しんでいる人に言うことが、
何にも役に立たないといことが、よくわかります。
役に立たないどころか、
害、でしかない。
だけど、実際に、
目の前の人に、その困難を打ち明けられたときに、
どうしているだろうか。
もっと言うと、
目の前の人にその困難な状況を見せられたときに、
「いったいなんだって、私にそんなこと言うんだ」
という気持ちが一瞬よぎるってしまうことがあるのではないか。
忙しいのにな、まいったな、とか、思うのだ。
そんなんだと、リストカットする人は、
なかなか打ち明けられないし、
支援を求めることができないわけだ。
松本先生は、
自傷を無視したりしないで、
大事なのは、チームを組んで複数で支援に
あたること、だと言っていました。
チームを組んで複数で支援にあたるところがあれば、
相談を受けた人は、そこに相談を
持ちかけることもできる。
そういう体制を、できるだけ早くつくりたいと思う。

Follow me!