障害者自律支援法の見直しを求める意見書を出します

3/14(水)
05:00~08:00 予算書を読む
10:00~12:00 環境厚生常任委員会の審議
13:00~14:45 環境厚生常任委員会の審議
15:00~19:00 知人のお宅へ伺う
19:10~20:30 知人のお宅へ伺う
21:00~23:00 選挙広報の作成をする
今日の環境厚生常任委員会のなかで、
国へ「障害者自律支援法の見直しをもとめる意見書を
提出することをに関する請願 が、採択されました。
とてもよかった!
常任委員会のなかで、採択されたので、
おそらく、市議会の本会議でも 
採択されると思います。
請願の内容は、以下のとおり。
———————————————————
国へ「障害者自律支援法」の見直しをもとめる
意見書を提出することに関する請願
【請願項目】
1.次の事項について、国に意見書を出してください。
①福祉・医療サービスの利用に対する「定率(応益)負担」を見直すこと。とりわけ、住民税非課税世帯からの利用料徴収は早急に見直すこと。
②国は責任をもって障害者の実態やニーズ把握を行い、自治体が支給決定したサービスや地域生活支援事業に対して財源保障をすること。
③障害者が地域で人間らしく生きていけるように、支援・サービスの社会基盤整備について拡充策を進めること。
④「障害の定義」を見直し、難病や高次脳機能障害を法制度の対象にすること。
⑤障害者が地域社会の中で、個人として尊重され、かつ安心して暮らせるように、年金のあり方を見直し、整備すること。

——————————————————–
国へ意見書を出したからといって、
障害者自律支援法がすぐに見なおしされるわけでは
ないけれど、こうした積み重ねが大事だと思う。

Follow me!