40万人都市・町田市のごみゼロ宣言 講演会のお知らせ

1/23(金)
07:00~09:00    電話連絡や事務処理をする
10:00~       移動 八王子へ
11:00~14:00    町田市のごみゼロ宣言の取り組みについて聞く
15:30~17:00    市の消防担当にヒアリングに行く
18:00~19:00    知り合いのお宅を資料を届けてまわる
町田市は、40万人都市なのに、「ごみゼロ宣言」を
しています。
「ごみゼロ宣言」とは、すぐにごみを
ゼロにするという意味ではなくて、限りなくごみを
ゼロに近づける、ということです。
町田市は面白い取り組みをしています。
「実験的生ごみ処理運動」とでもいうのでしょうか。

町田市のごみゼロ市民会議

ごみゼロの風」という広報誌を全戸配布
この町田の取り組みについて、その中心人物から
お話しを聞く会が開かれます。
ーー
とき : 2月8日(日) 13:30~16:00
ところ: 市民活動センター
講師:  渋谷謙三 氏 (町田市ごみゼロ市民会議アドバイザー)
主催は、環境にやさしいまち 全国に先駆けた平塚をつくる会
問い合わせは、事務局 朏島三郎さん ℡0463-32-4417

ーーー
今日、江口は、この町田市の取り組みについて
知るために、上記の会の前に、
2月8日の講演会の講師をつとめてくださる
渋谷謙三さんに会ってきました。
渋谷さんは、もと町田市の企画課長を
していた方で、今は退職されて、
町田の住民の方と、ごみゼロの運動をしています。
渋谷さんのお話しは、とても面白いです。
渋谷さんいわく、
「ごみを減らすための方策を 市役所職員が
卓上で議論しているだけではだめ。
住民と市役所がタックをくんで、
みんなで、”歩きながら考えて”
楽しみながらごみを減らすんだ」と。
町田市では、まちのなかに、
資源ごみを自分で持ち込むごみステーションをつくっています。
そこにビンや缶を持ち込むと、
トイレットペーパーなんかをもらえる。
すごく評判がいいらしい。
トイレットペーパーをもらったりすると、
やりがいあるよな~。
ーーー
八王子のパペルブルグという喫茶店
渋谷さんに会いました。


知る人ぞ知るというパペルブルグ。
コーヒー好きでなくても、
おすすめ。
夜は、12時までやっているというから、
近くへいったら、一度よってみてください。
店内のインテリアは、多摩美大の先生が
4人も入ってつくったそうです。
徹底したこだわりのコーヒーと店内でした。

Follow me!