方条遼雨氏(身体思想家/場づくりコンサルタント/玄武術「天根流」代表)考案の「ディベートしない話し合い」とはどのようなものかをまとめました。◼️こちらのリンク先から PDFでダウンロードもできます。

【ディベートしない話し合い】

□自分が正しいという前提で話さない 

□その場で他者の考えを変えようとしない
 
□結論を固定して話し始めない 

□その場で無理に結論を出そうとしない(結論が出なかったら「出ない」という結果で保留する)

□他者の発言中に口を挟まない   

□持ち時間は平等にふる/話すよう心がける 

□どんなに拙くても的外れでも、「発言したこと」そのものを祝福する 

□自分と全く違う考えの人との共存を前提にする 

□目の前の人がどんなに違う考えでも、まずは心穏やかに「この人はこういう考えを持っている」という「事実」を受け入れる
 
□自分と違う考えの人がいても自分の存在や考えが否定されたと思わない


□場が成熟してきたら、まずは友好的な質問で慣らしていきながら、自分は違う考えですよと、否定はせずに違いは表明していく。聞く側はそれを穏やかに聞く


□場を取り仕切る司会者は、いざという時に介入する権限を持つが、「権限をできるかぎり使わずに望ましい状態を実現できているかどうか」を自己採点基準とする。同時に場を侵食する行為に対しては、的確かつ即座に介入できるという二重性を心がけ、養う。

□最悪のことはいつでも起こりうるという可能性に対する備えと、心は完全に開いてあなたの善意を信じますよというオープンマインドのメンタルの二重性を同時に持つ。

□「責任者が介入せずとも、メンバー間で自然に調整して進んで行く状態」がどれだけ実現できているかどうかを、「場の成熟度」を量る指針とする。

2021年 方条遼雨

【ディベートしない話し合い】考案の方条遼雨氏 
目指すは「誰でもちょっとずつ政治に関心を持つ社会」です。どんな意見の方、どんな立場の方でも気軽に語れる場をつくっていくための「ルール」です。みなさまとご一緒に「右から左まで共存できる社会」を作れたらと考えています。毎月一回定例的に開催している「政治に興味がない人のための政治入門〜あなたも市議会議員になりませんか?〜」では、【ディベートしない話し合い】形式による感想会を行なっています。